CLEALINK TECHNOLOGY 株式会社クレアリンクテクノロジー
システム開発
サポート

「Asura HD ™」 プレスリリース

プレスリリース
2012年12月7日

【新製品】不安定な海外とのテレビ会議を安定化する通信最適化装置
「Asura HD™」発売

当社は、テレビ会議・IP 映像・音声伝送に対応した、リアルタイム通信最適化アプライアンス「Asura HDTM」の販売を2012年 12 月10 日(月)より開始いたします。

開発の背景と目的

企業のグローバル化が加速する中、企業主要拠点間でのリモートコミュニケーション手段としてテレ
ビ会議システムの普及が進んでいます。
ただ、海外生産拠点や災害対策目的での使用、遠隔医療・診断等の目的で使用するには、通信回線の
品質、および、テレビ会議システムに搭載されている機能だけでは安定した通信が困難であり、日本国
内の主要拠点と地方拠点、または、通信回線の不安定な拠点との間では事実上テレビ会議システムを利
用したコミュニケーションの実現は難しい状況となっております。
本製品は、通信回線が不安定な環境においてテレビ会議システムを利用した場合に発生する、音声の途切れや映像の乱れ等を、テレビ会議システムと通信回線の間に対向拠点毎に挟むことにより、品質の
改善を図る
ための目的で開発された装置です。

技術概要

本システムは、テレビ会議システム等の音声・映像などの実時間通信システムが送出するリアルタイ
ム通信パケット、および、通信傾向を分析し、対向拠点へレポーティング(受信状況の報告)を行うと
同時に、そのフィードバックを得て、パケット通過時の送出タイミング等を制御します。
また、通信回線の状況に応じて、複数の最適化手法、および、冗長符号化手法から利用ケースに応じ
た最適なものを自動的に選択し、対向拠点側へ送信します。この際、適切なパケットとパケットの送信
時間間隔を空けるためマイクロ秒単位で送出制御を行い、通信中継装置(ルータ等)にパケットがバー
スト的(途切れなく連続的)に到着することにより通信中継装置の一時的な過負荷によるパケット損失
を抑制します。
対向拠点側で受信したパケットを元に、送信時の状況に近くなるようパケットの組み立て(欠損時は、
冗長符号等からの再構築)、順序変更、送信タイミング調整などを行い、リアルタイム通信システムへ送
信します。この際、パケットに含まれる時刻制御情報等からリアルタイム通信システムのバッファを圧
迫しないよう綿密なパケットの時刻調整が行われ、スムーズな映像や音声の再生が行われると同時に、
パケット損失によるデジタルブロックノイズ(下図を参照)等の発生を抑制します。

【デジタルブロックのイズの例とその改善】
【技術概念図】

主な特徴


1. 自動認識・オートチューニングにより誰でも簡単に環境構築可能
2. 独自開発の高精度RTP最適化通信エンジン「Eagle TM」によるWAN 最適化処理
3. Qos 機能で、会議室で利用するPC などのデータ通信の影響を抑制
4. バイパス回路搭載で、電源OFF 時も通信を遮断しない安心設計
5. 1 対1・スター型・メッシュ型などトポロジ制約のない設置が可能

標準価格と販売目標台数


当社は、本システムを搭載した新製品を2012 年12 月10 日(月)よりリリースを開始し、当社販売店などの取扱インテグレーターより、提案・販売・設置サービスを提供します。
向こう1 年間で300 台の導入を目指します。
-技術仕様の抜粋-
  • 通信安定性 WAN 回線でのパケット損失許容量が最大20%~25%程度
    ※ご利用のテレビ会議システムと回線により異なります。
  • 機器サイズ ファンレス デスクトップ型 ( W 2 4 0×D 12 4 × H5 0 ※本体部のみ、突起物・コネクタ含まず)
  • 消費電力 60W(AC アダプタ)
【通常販売価格(標準価格)】
Asura HD Peer Connection ASH-100 429,000円/台
※1年間のメーカ標準保証付き
Asura HD Multi Connection ASH-100M 649,000円/台
※1年間のメーカ標準保証付き

システム構成例

Asura HD をリアルタイム通信機器と既存ネットワークの間に設置し電源を入れるだけで、自動的にリアルタイム通信トラフィックを最適化します。
※本製品は改善を必要とする拠点間に対向で必要となります。

製品ホームページURL

http://asura-x.net/

用語解説

【 WAN 】
Wide Area Network、LAN に対して拠点間を結ぶネットワークの総称で、LAN と比較して長距離である
が故に、伝送にかかる時間、および、中継経路上での伝送損失等が異なる。インターネットもWAN の
ひとつであると考えられ、本事業の説明では、拠点間を含む通信手段を総称してWAN と称している。
【 パケット 】
ネットワークを中継される通信の単位であり、インターネットで使用されるプロトコルの場合は、IP
パケットと呼ばれ、数十~千数百バイトのデータ列に宛先情報やエラー検証情報等を含んで送信する。
【 QoS 】
Quality of Service、ネットワーク上で、ある特定の通信のための帯域を予約し、一定の通信速度を
保証する技術。
【 バッファ 】
受信したデータや送信するデータを一時的保存する電気的記憶装置で一般的な通信機器には1対上装
備されており、送受信をスムーズに行う機構として用いられる。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社クレアリンクテクノロジー
戦略営業本部 森若
[TEL] 0774-98-3873(代) [FAX] 0774-95-5190
[E-mail] asura@clealink.jp [URL] http://clealink.jp
 

Copyright © 2005-2017 CLEALINK TECHNOLOGY Co.,Ltd. ALL Rights Reserved.

プライバシーポリシー
お問い合わせ
サイトマップ
CLEALINK TECHNOLOGY